物理シミュレーションの研究開発

産業分野・エンターテイメント分野での応用

ギャラクシーズでは SPH(Smoothed Particle Hydrodynamics)法を使った 水や風の流れなどの流体シミュレーションにも取り組んでいます。

SPH法とは、流体を粒子の集まりで表してその運動を追うシミュレーション法です。 もともとは宇宙物理学の分野で開発され発展してきた手法で、 物質の密度が大きく変化する流体現象、たとえば、月、恒星、惑星系などの形成過程や、 銀河の衝突・形成過程など様々な現象の研究に広く使われてきました。 近年では、水などの非圧縮性流体を扱うことができるSPH法も開発されています。 水面などの流体の境界面や、流体と他の物体(剛体・弾性体)との間の相互作用を比較的容易に扱えるというメリットもあり、 河川や海洋などに関わるエンジニアリングの分野やCG、ゲームの分野でも盛んに用いられています。

ギャラクシーズでは、DFSPH法と呼ばれる最新の手法も取り入れたシミュレーションコードを自社開発し、 産業、CG、VR、ゲームなど様々な分野への応用を目指しています。

例として、下のアニメーションは、ガラスの柱と床がある環境に水の柱を置いた時に、 水の柱がどのように崩壊していくかを SPH法によりシミュレーションしたものです。