VR×AI で " Hyper Reality " を実現

弊社が現在推進している " Hyper Reality of Galaxies " は、VR空間でさまざまな社会活動を行うためのプラットフォームを創生するプロジェクトです。
リアリティを追求したVR空間で、自分自身の高精度3Dアバターを操作して、友達と授業を受けたり、観光やショッピングを楽しめるようになります。
現実の物理空間における社会活動をバーチャル化することで、物理的な距離の壁を超えた交流が可能になります。
実在感を極限まで高めたVR(仮想現実)ということを、私たちは Hyper Reality (極現実)と表現します。 Virtual Reality を Hyper Reality に進化させる上で基盤技術となるのが、ディープラーニングによって実現された各種の高性能AIエンジンです。 弊社は Hyper Reality を実現するAl技術の開発に力を入れています。


高精度3Dアバターを配置したVR空間の例

高精度3Dアバターの作成には、弊社が独自に開発した3Dモデル作成技術(特許出願中)を実装した装置Photoreal-Ⅱを用います。 そして、高精度3Dアバターの表情や身体の操作は、本人の現実の動作をリアルタイムでコピーすることで行います。 たとえば深度カメラや通常カメラの映像を用いて表情や姿勢を認識するAI技術を導入しています。
弊社の技術開発陣には、現役の大学生も含まれ、長山慧氏(東工大情報理工)や小島理人氏(立教大学数学科)らが活躍しています。
また、立教大学大学院人工知能科学研究科との共同研究も予定しています。

現実の世界とバーチャルな極現実が、並行して存在する社会が実現することは、様々な社会課題を解決する可能性を秘めます。ギャラクシーズが挑戦するのは、そのような未来の創造です。