AI技術を用いた監視カメラ画像からの水位計測

弊社ギャラクシーズが取り組んでいるAI技術を活用した社会実装プロジェクトの例を紹介します。

本プロジェクトは、監視カメラ画像からAI技術を用いた画像解析により、水面を自動で検知し水位を計測するものです。 リアルタイムで運用し河川の水位が基準値を超過した場合に自動で通知することで、荒天時等に河川氾濫の危険性を迅速に把握できるよう支援するシステム構築を目指し、現在実証実験を進めています。
弊社のAI技術を用いた画像解析により、特別なセンサー等を必要とせず、通常の監視カメラ画像のみで水位を計測します。 AI技術の強みを生かすことで日中・夜間また天候の違い等様々の条件下でも継続的に水位をモニターすることが可能となります。これにより、河川の水位値データを継続的に記録もできることになります。




本プロジェクトは、株式会社NTTPCコミュニケーションズ様をはじめとした他企業様と共同で取り組んでおり、
NTTPCコミュニケーションズ Innovation LABスペシャルサイトにて実績としてご紹介頂いてます。